Chot Shot DIARY

2008-12-31,水曜日

12月31日 飯寿司 完成


今日は大晦日、そして飯寿司の完成する日。
目標としていた一昨年に比べかなりカビが薄く、少なくなってしまった。


朝から水切り作業。


試食・・。味は濃い目で発酵が足りないような味。
温度のことも考え直さないといけないし、漬けた時点での重石の上げるタイミングというか馴染ませることをしないといけないかな。
一昨年は95点、昨年は40点、今年は80点って感じ。経験を積まないことには上手にはならない。今年の出来具合は来年の参考にしましょう。まぁまぁ、GOOD JOB!じゃないかい?


(↑小さい雪だるま made by ayu坊)
今年はいろんなことがあった年。それらを思い出しながら飯寿司を酒の肴に年越し。
皆様、良いお年を。

1月5日追記
今回の魚の塩抜きはOK。
麹と米が多いかな???
水切りは2時間半だったけどOK。
来年の重石は、最初は一番軽いブロックにして、二日目に石に換える。10日目に10キロのブロックのみに。あとは10日毎に10キロのブロックを追加。39日目に全ての重石を載せる。

2008-12-26,金曜日

12月26日 飯寿司


35日目の樽の中の状態。よ〜く見ると汁の上に膜がはったようになってきた。
ちなみに一昨年の35日目は、温かい牛乳の上にはる皮のような白い薄い膜がはり出し、36日目には一気にカビが増えた。矢張り、今年はちょっと遅いかも。
カビは汁に生えるもので飯寿司本体に影響するかどうかはわからないけど、なんの目安も無い中、カビは分かりやすい温度管理の目安かな。
果たして・・、上手く(美味く)浸かっているかな〜?

AF nikkor 35-70mm f2.8


↑一昨年の35日目の写真。ちゃんと撮ってあった・・、エライ!
ボツリヌス菌にはご注意を・・。:!!!:

2008-12-22,月曜日

12月22日 飯寿司 重石追加


今日、最後の重石を追加。実は1日遅れ。
昨日、飯寿司を手伝ったところの状態を見てきたら、なんとすでに白いカビで全面が覆われている。重石はというと、15圓らい。あまりにも状況が違いすぎる・・。そんなわけもあり、そして今年はいつもよりも量が少ないと言うことで、一番上の重石はナシ!
ホントに大丈夫か〜?

SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

2008-12-19,金曜日

12月19日 飯寿司


先日降った雪が昼間とけて、夜の路面が怖い。
飯寿司には適温が続いている感じ。今日の保存場所の温度は7〜9℃。
白いカビがほんの少し見えるような、見えないような・・、気のせいか:?:

SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

2008-12-11,木曜日

12月11日 飯寿司 20日目


今日で飯寿司を漬けてから20日目、重石を一枚追加する日。まだカビは見えない。一昨年は4週間くらいでカビを確認しているので、カビを確認できるのはあと一週間くらいか?今年は暖かい分早いかな?香りは良し!と思う・・。

先ほど降りだした雪。根雪になるか?

SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

2008-12-10,水曜日

12月10日 飯寿司


今日の飯寿司の保存場所の温度。今回の飯寿司を漬けだしてから最高の温度。これでも午前中から2階の窓を開けて外気を入れているが肝心の外気温が高いのだからしょうがない。ちなみに最低は7日の朝の1度だった。温度はある程度自然まかせ。これも味付けの秘訣か???
明日からは少し気温が下がる予報。ホッ・・?:roll:

AF nikkor 35-70mm f2.8

2008-12-08,月曜日

12月8日 飯寿司 樽


昨年、今年と飯寿司の樽にビニールをかぶせている(敷いている?)。昨年は蓋にはビニールをかぶせなかったが、今年は蓋もすっぽりビニールで覆った。

ビニールを使う理由。まずは衛生的かな?木の樽は使わない間にカビてしまうことが多いからそれを見てしまうと多少の抵抗がある。それと、飯寿司に樽の匂いがするのが嫌いな人がいる。先日、お手伝いしたところも木の樽の上にビニールをかぶせていた。

目指しているのは一昨年の味、ビニールを使ってその味が出るのか?ビニールを使ってもその味が出せれば善し、そうでなければ来年はどうするか検討するとしよう。飯寿司樽にビニールっていうのは、どうにもいただけない気はするが・・。
指で汁を味見・・、いい感じみたい。:-P

AF nikkor 35-70mm f2.8

2008-12-07,日曜日

12月7日 しばれる


今朝の予想最低気温は-14度だった、明日は-10度だとか・・。今晩も月と星がきれいに見えている。明朝もしばれそ〜!つい数日前の昼間の気温を思うと20度以上の差がある。
今晩は飯寿司の樽を多目の新聞紙で覆う。樽と蓋は木を使っているので冷えが中まで入ることは考えにくいけど、保管場所を変えたり防寒対策をしたりとなにかと小まめに対応。
我が家のように古い家だと急激な気温の温度差はもろに影響する。
布団もそう・・、子供たちの鼻水が止まらない・・。:ase:

SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

2008-12-05,金曜日

12月5日 飯寿司 熟成


今日も暖かい、というかここ数日で一番暖かい。飯寿司の保管場所は10〜12℃。大丈夫か?

AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)

2008-12-03,水曜日

12月3日 飯寿司 熟成


気温が高い日が多い。飯寿司の保管場所の温度が10℃を超えることが多い。しかもこの気温は数日続きそう。そんなわけで止むを得ず保管場所を移動。さらに外気を入れるが10℃前後だ・・。昨年、一昨年には無かったこと。暖かくて過ごしやすくはあるのだけど。
適温は?と言われると、何度が適温かはわからない。10℃を超えても大丈夫なようだけど、出来れば10℃を下回るくらいが適温か?5〜10℃がいいのかな?温度が低すぎれば発酵しないし。

昨日のTVでベニスの様子、街中が冠水と伝えられていた。うちの子供たちを見ていると、子供たちに罪は無いのだがな〜、と思う。でも、この状況は子供たちが引き継ぐ・・。

AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)